石田尚志展 スタッフコラムvol.4 「渦まく光」展潜入レポートno.2

「渦まく光」展手伝いの袮津と申します。

さて、きょうは石田尚志さんの自宅兼アトリエにお邪魔してきたので、制作現場を潜入レポートします。

半地下のアトリエ、そこには謎のセットが。

Pasted Graphic 1s.jpg
↑机の真上にカメラが装着され、カメラを挟むように2つの大きな電球。奇妙な装置です

間違いなく、新作の撮影セットです。「渦まく光」展のための、撮り下ろし。

Pasted Graphic 2s-2.jpg

机には絵の具が飛び散っていて、紙はふやけて穴があいています。どうやら机の上の紙に絵をかきつづけているようです。その過程が上空の電球で照らされ、カメラで撮影されてアニメーションになるのだろうか?(それにしても使いにくそうな机だ......)写真を撮っていると、石田さんがわけのわからないことをいいだしました。

「これが回るんだよ」

......まわる?

Pasted Graphic 3.jpg
↑「このレバーを回すと、机が回転するんだよ」

......天板がぐるぐる回るってことですか。

「この上に絵の具を投げていくわけ」石田さんは嬉しそうにいいます。

机に見えていたものは穴の空いた回転板だった............

(あとですこし映像を見せてもらいましたが......すごいことになってました。本編はぜひ「渦まく光」展の会場で。)

(袮津)