子アト通信:講座レポート「透けるえのぐでかこう」

bp4.jpg

外はすっかり冬の装い。子どものアトリエに遊びに来る子どもたちは寒さにも負けず、毎日元気いっぱいです。
今回の子アト通信では、11月に幼稚園・保育園の年長さんを対象に行われた「透けるえのぐでかこう」の様子をご紹介します。

b6.jpg b3.jpg b2.jpg

b14.jpg b5.jpg b4.jpg

▲鉛筆やペンで描く線とは一味違う、なんとも味のある線ですね。

透明なアクリルの板にチューブからえのぐを絞り出すことで描くこの作品。
えのぐが乾くとステンドグラスのような作品に仕上がります。光にかざすときらきらしてとてもきれい!
子どもたちも自分たちが描いた絵がきらきら透明に変身する様子に大喜び。
クリスマスツリーの下でプレゼントを受け取る自分、サッカー選手、かわいい動物たち...
みんなの夢がたくさん詰まった、素敵な作品ができました。

bp1.jpg bp2.jpg
▲えのぐを絞り出すのにも意外と力が必要です。子どもたちも真剣な表情!

b9.jpg b10.jpg b12.jpg 
こちらはクリスマスリース。
まあるく穴の開いたリースの真ん中には、みんなが透けるえのぐで描いた小さな絵が飾られています。
色とりどりのシールでデコレーションして、完成!
お家のドアや窓に飾ったら、サンタさんへの目印になりそうですね。

b15.jpg b13.jpg b7.jpg

メリークリスマス!よいお年を!