活動報告:ヨコハマトリエンナーレ2014関連ワークショップ            ヴィム・デルボアの芸術探究「彫刻鑑賞・創作体験」

ヨコハマトリエンナーレ2014出品作品、ベルギーのアーティスト、ヴィム・デルボア氏の《低床トレーラー》が横浜美術館 正面玄関前(屋外)に展示され、多くの方に鑑賞いただきました。市民のアトリエでは、ヴィム・デルボア氏の発想、考え方を学び、彫刻鑑賞から創作体験を行う、4日間のワークショップを開催しました。

平成26年9月6日(土)第1日目 講師:林寿美、佐藤忠
初日のはじめは、講師の林寿美さん(ヨコハマトリエンナーレ2014キュレーター)による、画像を使った解説、もう1名の講師、佐藤忠さん(彫刻家)も同行し、参加者全員で屋外の作品を鑑賞しました。解説や鑑賞により、デルボア作品について知ってから、制作に移り、佐藤忠さんから次回までの図案の宿題が出ました。金属作品の話、今回のワークショップでは何ができるか説明があり、A4の紙1枚が配られました。厚紙で考えても良いなどのヒントが伝えられ、最終的にどのような作品を作りたいか、作品になる鉄板(コールテン鋼・耐候性鋼板)をどのようにレーザーカットしてほしいかを次回までに考えてくる事になりました。

1a.jpg

ヴィム・デルボアの作品について画像を使用しての解説(講師:林寿美)。

1b.jpg

デルボアの《低床トレーラー》は、近くで観ると複雑。無数のレーザーカットの鉄板を溶接したり、はめ込んだりして組み立ててある。


平成26年9月13日(土)第2日目 講師:佐藤忠、落合健一、村松篤志
この日は講師の佐藤忠さん以外に、レーザーカットの発注先である、有限会社 落合製作所の落合健一さんと村松篤志さんにもお越しいただき、最初に通常、どのような加工にレーザーカットを使用されているかなど、お話を聞きました。次に1人ずつ、佐藤さんと、落合さん、村松さんが宿題の図案のチェックをして、図案を完成し、模型を制作しました。図案は、使用する鉄板の大きさ、A4サイズ厚み2.3mmを想定して考え、A4の紙に0.3mm以下の太さのペンで丁寧に作成、パソコンを使って制作した人もいました。 第3日目までに落合製作所で、図案を調整、レーザーカットをしていただきます。

deru2b.jpg

レーザーカットの説明(落合製作所、落合健一)。

deru2c.jpg

作品図案本番制作の説明(講師:佐藤忠)

deru2d.jpg

立体の人は、厚紙でも制作してみる。

deru2e.jpg

厚紙で制作してから再度、図面を書き直す事もある。

deru2f.jpg

PCを使って、複雑な設計を考える人もいた。


平成26年10月12日(日)第3日目 講師:佐藤忠、落合健一
横浜に工場がある、落合製作所の落合健一さんより、レーザーカットされた鉄板(コールテン鋼・耐候性鋼板)が参加者に渡されました。鉄板は、レーザーカット後、酸洗いし、錆びないように軽くコーティングされていたので、最初に水洗いしてコーティングを取りました。その後、丁寧に型をはずし、立体的な構造の人は組み立ててから、佐藤忠さんに用意いただいた、錆び促進液を刷毛で塗りました。3日目の最後は、佐藤忠さんの作品紹介、錆び色の作品を含め、創作の様子を画像で紹介。

deru3a.jpg
本日の工程、組立と錆びについて語る佐藤忠さん。

deru3b.jpg

型(パーツ)を外す。

deru3c.jpg
型(パーツ)が複雑すぎて、取り外すのが大変な人もいた。

deru3d.jpg
組立完了。

deru3e.jpg

錆び液を塗る。

deru3f.jpg

錆び液が反応して、すぐに色が変色してきた。

deru3g.jpg

最後に、佐藤忠さんご自身の作品紹介。
http://www.satochu.com/

平成26年10月25日(土) 第4日目 講師:佐藤忠、林寿美

第3日目に参加者の皆さんから預かった作品を市民のアトリエのテラスに出して、担当スタッフが時々作品に水をかけ、錆びをさらに促進し、最終日までに、まんべんなく錆びが出た状態になるように努力しました。ワークショップの最終日は、作品を前に1人ずつワークショップ参加についてや、作品制作について感想を話し、最後に講師の佐藤さん、林さんの講評がありました。デルボア作品鑑賞からはじまり、皆さんそれぞれに色々なことを考え、感じて創作したことがわかりました。鉄の錆びは、通常、嫌われる存在ですが、とてもきれいな錆びの色に皆さん感激していました。これから、安定錆びになるためには、まだ、時間がかかるようです。自宅に帰ってからも花を育てるように、作品を見守っていただきたいと思います。

deru4a.jpg

deru4b.jpg

1人ずつ感想を話し、講評をいただきました。

有志による作品展を行いました。
★ヴィム・デルボアの芸術探究「彫刻鑑賞・創作体験」参加者作品展示
10月27日(月)~11月3日(月・祝)
ワークショップの参加者が制作した作品を一部、横浜トリエンナーレの最後の8日間、アートギャラリー前通路に展示しました。

本ワークショップにご協力いただきました井上鋼材株式会社様、他皆さまありがとうございました。

deru4c.jpg

deru4d.jpg