「親子のフリーゾーン」の縁の下の力持ち― ボランティアさんデビュー!

kenshu2.jpg
筆の洗い方の説明を聞くボランティアさん


いつもたくさんの家族が集まる親子のフリーゾーン。
日によっては開催時間中に600人(!)の参加者をお迎えすることもあります。
そんな大人気のフリーゾーンで、子どもたちにケガなく、笑顔で楽しんでもらうために、
いつもフリーゾーンを支えてくださっているのが、市民ボランティアの皆さんです。
学生さんやお子さんのいらっしゃるお母さん、会社員の方、定年を迎えた方まで、
幅広い世代、背景の方々が、今年も29人集まってくださいました。
4月になり、年度が改まったところで、新しいボランティアさんを対象に研修会を行いました。
子どものアトリエの揃いの紺色のエプロンを着て、研修スタートです。


kenshu.JPG
ボランティア研修メニューが書かれたホワイトボード


これは研修メニューが書かれたホワイトボード。
親子のフリーゾーンでは、「えのぐ」「粘土」「紙」という最もシンプルな造形素材を用意しています。
子どもたちが思いきり素材と関わって、手を動かし、知を働かせるためには、
子どもたちの「やってみたい!」という気持ちを引き出す環境や、声かけがとても大事。
そしてボランティアさんそれぞれが子どもたち以上に素材について理解している必要があります。


(1)素材を知る

「えのぐ」のコーナーに用意されている絵具は、赤、青、黄色、白の基本的な4色だけ。
お金がないから?・・・ではありませんよ。
子どものアトリエでは、ピンクやオレンジ、緑や紫など、ここにはない色を、
子どもたちが自分でつくって発見することを大切にしています。
おとなにとってはあたり前かもしれませんが、
黄色に青を入れると緑に変化していく様は、
小さな子どもたちにとって魔法のような驚きです。
ボランティアさんにも、実際に絵具を混ぜる体験をしてもらいました。


(2)準備、片付けはとても大事

道具やアトリエの準備、片付けについては、
子どものアトリエの25年の歴史の中で編み出された手法を伝授します。
500人以上の家族が、「やりたい!」と思った時にすぐに素材に関われるのは、
ねりたてのやわらかい粘土や、
描きやすく溶かれた絵具、
手を伸ばしたくなるかたちの紙や段ボールを、
ボランティアさんたちが必要なときに用意しているからなんですね。
子どもたちが帰っていった後も、
次にやってくる子どもたちのために、道具も部屋もきれいに片づけなくてはなりません。


kenshu3.jpg
ねんどの机を片づける時も、子どもにぶつからないように机の角を持ちます


(3)何より大事な、子どもの安全

そして何より大事なことは、子どもたちの安全。
子どもがケガをして、せっかくの楽しい時間が台無しにならないよう、
危険な箇所がないかどうか、いつも細かなところまで目配りをしています。
会場の隅々を全員で見て、どのようなことをしたら危ないのかをチェックしました。


ボランティアさんはいつも笑顔で子どもたちに接していますが、
その裏で、子どもたちのためにこんなにたくさんの気配りやお仕事をしています。
4月の研修会も終わり、新人ボランティアさんもベテランのボランティアさんに交じって、
活動し始めました。
みんな、一人でも多くのニコニコ顔の子どもたちに会えることを楽しみにしています。

※また別の機会に、ボランティアさんたちの活躍の様子もお知らせします!

「親子のフリーゾーン」の詳細はこちら