講座レポート わくわく日曜造形講座「紙粘土で見て、つくろう」

―子どもたちも大興奮!!!―

11月の日曜日、小学校1~3年生のお友だちを対象に「紙粘土で見て、つくろう」を開催しました。
普段、見慣れたものも観察しながら粘土でつくったり絵に描いてみると今まで気が付かなかった新しい発見がたくさんあります。
今回参加した子どもたちには、いったいどんな発見があったでしょうか。
それでは、講座の様子をご紹介していきましょう。

 
講座の初回は練習を兼ねてパプリカ、柿など果物や野菜づくりに挑戦。
いつも何気なく食べているものもひとつひとつ個性があって面白い形をしています。


20121127-1.gif
パプリカや柿とにらめっこをしながら紙粘土と格闘中!


2・3回目は、カニや魚づくりに・・・。
目の前に置かれたカニや魚にお友だちも興味津々。
20121127-2.gif


子どもたちが、ジーーーーーッとカニを観察していると・・・。
ぴくっ!ブクブクブクブク・・・・。 なんと!カニ、生きてました!!!
20121127-3.gif
子どもたちも大興奮!


こういう感動がつくる気持ちを盛り上げてくれます。


20121127-4.gif


子どもたちのカニや魚を観察する目は彫刻家のそれとまったくかわりません。
少しでも新しい事を発見しようとする意欲的な目です。

最終日の着色のときも、その観察力はぞんぶんに発揮されていました。

20121127-5.gif


そして、その成果がこちら。子どもたちの新発見とワクワクが詰まった作品です。


20121127-6.gif


20121127-7.gif


20121127-8.gif


※ これから開催される紙粘土でつくる講座「立体人間をつくろう」「立体お絵描き」はこちら>>