活動報告:ヨコハマトリエンナーレ関連企画「ベジタブル カービング」

ワークショップの最初にヨコハマトリエンナーレ2011について、そしてベジタブルカービングの技法を用いた制作を行ったタイのアーティスト、スッシリー・プイオックさんの作品に含まれた輪廻転生ということについてヨコハマトリエンナーレ2011の庄司コーディネーターによるレクチャーを行いました。

shiato_vege1.JPG
▲ レクチャーの様子

平成23年11月6日まで開催していたヨコハマトリエンナーレ2011の出品アーティストであるタイのスッシリー・プイオックさんは、横浜市環境活動支援センター(保土ヶ谷区)で、タイ式ベジタブルカービングの手法を用いて、まだツルに着いている状態のかぼちゃを彫刻するという制作を行いました。
(制作の様子はこちら


次に、タイ式ベジタブルカービングを習得した村上惠子さん(Carving Bee主宰)にご指導いただきながら、ハロウィンパンプキンでキャンドルホルダー(ジャックオーランタン)、ハロウィンモチーフや初心者向けの花や葉っぱをつくりました。
shiato_vege2.JPG shiato_vege3.JPG
▲ 講師参考作品

shiato_vege4.JPG shiato_vege5.JPG
▲ まず、中をくり抜きます。

shiato_vege6.JPG
▲ デザインが決まったら、カットします。
夜、ロウソクを入れると目や鼻や口から明かりが灯ります!

shiato_vege7.JPG
▲ キュウリやニンジンで葉っぱや花をつくる事もできます。

shiato_vege8.JPG
▲ どんどん楽しくなっていきました。

shiato_vege9.JPG shiato_vege10.JPG shiato_vege11.JPG
▲ 完成です!

ヨコハマトリエンナーレ2011でのスッシリー・プイオックさんの生死に関する深い表現にも触れながら参加した皆さんは、村上講師の指導のもとベジタブルカービングの難しさと楽しさに触れ、野菜を別の角度から見る事ができ、とても良い体験をしました。
皆さん、ご自宅ではどのように飾られたのでしょうか、楽しみですね。

(ワークショップ実施:2011.10/9 日曜 全1回)