活動報告:木彫「首(頭部)をつくる」

平成22年度に引き続き、吉田直(よしだ なおし)さんを講師に招いて、5月から10月に木の彫刻講座を開催しました。

shiato_moku1.jpg
▲第1回目 講師の作品と制作について

今回の講座参加者10名も、前回同様、自分で用意をした、つくりたい人の首(頭部)の様々な角度からみた写真やデッサン等をもとに彫刻をしました。参加者は、はじめての方から木彫経験者まで様々な方が参加しました。

shiato_moku2.JPG shiato_moku3.jpg
▲今回の材料には、横浜のクスを使用 ▲デッサンや立体について

shiato_moku5.JPG shiato_moku4.JPG
▲ノコギリやノミで形をつくる

shiato_moku7.JPG shiato_moku6.JPG
▲平成22年度 11/20〜2/19 参加者作品 ▲平成23年度 5/28〜10/8 参加者作品

参加者の皆さんは、いつも目にしている人間の顔や頭部を立体的にとらえる事、自分のイメージを立体にする事の難しさにまずぶつかりました。少し思い通りに木を彫れるようになったのが、講座が終わるころだったという感想が多く聞かれました。
昨年度も今年度も、参加制作した方は充実した時間を過ごす事ができたようです。中には時間が足りなかったという方もいて、もっとやりたいという声もありました。今回は、横浜市環境創造局、環境活動支援センターの協力により横浜の木(公園の管理上伐採したクス)を材料にし、本格的に木彫に取り組む彫刻家の指導のもとに木彫体験ができました。
また、講師の吉田直さんの個展が、ヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラムとして岩崎ミュージアムで開催されました。
これからも、彫刻制作の体験や様々な鑑賞をとおして皆さんの美術への親しみが深まる事を目指していきたいと思います。

(講座実施 2011.5/28〜10/8 土曜 全10回)